トイレトレーニング おむつ外し いつから

トイレトレーニングをいつから始めるか悩んでいませんか? 最近では子どもにトイレトレーニングをスタートさせる年齢があがっているそうですよ。おむつ外しはベストなタイミングでやりたいもの。トイレトレーニングを成功させた先輩ママさんの体験談を、季節ごとにあつめました。ぜひ読んでみてくださいね♪

トイレトレーニングは尿意がわかってから!

おむつ外し、トイレトレーニグにぴったりな時期っていつなのでしょうか? 子どもが自分で尿意をかんじられるようになったタイミングで外す練習をはじめるのがベスト。

うまれたばかりの赤ちゃんは脳が未発達なので、おしっこが体にたまったことを感じることができません。それでも1~2歳半ごろにはわかるようになる場合が多いものの、赤ちゃんには個人差がありますよね。

ですから、赤ちゃんや子どもの年齢ではなく次の3つの条件をみたしていることが大切です。

≪おむつはずし 3つの条件≫

(1)歩ける

(2)「パパ」「ママ」「ブーブー」といった幼児語を何個かはなせる

(3)おしっこの間が1時間半~2時間ほどあく

この3つが出来ていると感じたら、トイレトレーニングを始める準備ができているというサイン!

まずは子どもをおまるやトイレに誘ってみます。とはいえ、夢中で遊んでいるときはさけるようにするのがコツ。自分のやりたいことを邪魔されたら大人だっておこっちゃいませんか? 子どもでも同じです。あくまでもご機嫌なときにトイレにさそうのがベター。

“トイレ=嫌なもの”というイメージをあたえないように注意してみてくださいね。

トイレトレーニング おむつはずしは子どもに合わせましょう♪

トイレトレーニングのタイミング、昔と今の違い

ママさんのなかには、おじいちゃん、おばあちゃんからまだ「オムツとれてないの?」といわれてしまうかもしれませんね。他の子ともつい比べちゃったりして…。

でも大丈夫です!

昔は1歳でおむつがとれることも多かったそうですが、今は3歳前後でおむつがとれることが普通になっています。

実際にオムツ販売のP&G調査では「昼夜のおむつが外れたは1990年には平均2歳4カ月だったのに対し、2007年は平均3歳4カ月」というデータもあるんです。

おむつはずれがおそくなった理由については…

・育児雑誌で“子どもの発達をみながらおこないあせらなくてよい”という情報が広まった

・昔は布おむつ。今は紙おむつで親の手間がかからなくてすむ

そのほか、母子健康手帳にも以前は「1歳半:おむつをとろうとしていますか?」という記載があったのに、現在では「2歳ごろ:少しずつ、おむつをとる練習をはじめましょう」と書かれています。(注意:母子健康手帳はお住まいの市町村によって内容が少しずつ違うので、まったく同じ表現ではではありません)

トイレトレーニングの時期まとめ!

トイレトレーニングをスタートしてから、おむつが外れるまでは失敗を繰り返すのが普通です。私も子ども二人のトイレトレをおこないましたが、何度となく失敗…。新築マイホームのリビングをおしっこで汚されてしまったときは泣きそうになりました。

おむつ外し コツは叱らず、成功したらたくさんほめること。

イライラして子どもを怒ってしまうくらいなら、訓練をお休みしてオムツに戻してもいいと思います。公立幼稚園入園にあたる満4歳の4月ごろまでにはずれればいいので、ゆっくりと気持ちを楽にして、トイレトレーニングをはじめてみてくださいね♪

ページの先頭へ