おむつ外し 時期 12月開始のトイトレ

男の子のトイレトレーニング体験談(HN:hsimamさん)

子どもの性別は男の子

トイトレの期間

2歳6ヶ月~2歳11ヶ月

トイレトレーニングの経過、体験談をお聞かせください

1歳10ヶ月頃から、おしっこを教えるようになったので、2歳になったばかりの夏にとろうと思い、夏はパンツを履かせずにどんどんトイレへ行かせました。

でも、妹が生まれたこともあり、どんどんトイレへ行かずに床に漏らすようになり、2ヶ月後にはまたオムツを履きたい、と言うように。

それからトイレは泣くほどイヤになり、わたしもふれないようにした。

2歳6ヶ月になったころ、突然お風呂上がりにうんち!と言うのでトイレへ行って座らせると、本当にうんちが出た。

これをきっかけにうんちはオムツにすることがなくなった。

それから、おしっこのトイトレを始め、便器に置いて、おしっこがかかるとトーマスが浮き出てくるシートを西松屋で購入し、さっそくやってみると、、興味がない。何度やっても興味がない。

いっそのこと、座っておしっこより、立ってした方が、自分が見れていいのか?と思い、立ってする仕方を教えたのが2歳10ヶ月。でも自発的におしっこ、とは言わない。

2歳11ヶ月、たまたま西松屋に大好きな仮面ライダーのパンツが売っているのを見つけた彼は、パンツを買う!と言いだした。

いつかは買うだろうと思い、買って帰ると、家に着くなり突然パンツを履く!ときかない彼。

「パンツを履く人はトイレへ行ける人だけだよ?パンツが汚れちゃったらもうお洗濯だよ?履けないよ?」と何度も聞いたが、パンツを履いて祖母と出掛けた。

3時間くらいして帰ってくると、トイレには1度自分から行く、と言って行ったそうだ。

そこから夜も昼も突然パンツになってしまったのが、2歳11ヶ月です。

トイレトレーニング中のママに向けて一言お願いします

ママはとっても必死だけど、それには関係なく、子どもは自分のペースで成長していくのだな、とわたしもとても勉強になりました。

焦らず、こどもの意見を尊重して、気長に待ってあげることもとっても必要です。

いつかは必ずとれます!ニコニコのママで、がんばってください!

スポンサーリンク

女の子のトイレトレーニング体験談(HN:まりさん)

子どもの性別は女の子

トイトレの期間

0歳11ヶ月から2歳6ヶ月まで

トイレトレーニングの経過、体験談をお聞かせください

9ヶ月

1人座りができるようになったので、おまるを購入。ときどき座らせてみて、「これはおもちゃじゃなくて座るものだよ」と教える。

また、それまで紙オムツだったのを昼間家にいるときだけ布オムツにし始める。

床や椅子に座っているときにウンチしたくなるとうまく出せないで困っていたので、そういうときを見計らって、おまるに座らせてウンチがおまるに出るようにさせた。

おしっこは、まだまだ細切れに出す月齢なので、オムツ替えのついでにおまるに座らせる程度。

ときどきタイミングが合ってチョロっと出る。

また、おまるは後処理が面倒で続かなかった。

おまるの便座が補助便座として使えるものだったので、補助便座を長期間使用した。

1歳3ヶ月

おしっこをした後にオムツを触ったり、おしっこをしたいときに「う~~ん」と言ったりして何らかのサインを出すようになってくる。

但し、気まぐれなのでサインがないときもしょっちゅう。

また、トイレに行くことを嫌がることもしょっちゅうあった。

布オムツを替えるの頻繁に仰向けにさせるのも嫌がったので、立ったまま替えられるパンツ型のオムツカバーが役に立った。

2歳

家にいるとき、パンツ一丁にしたり、何も履かせないようにした。

ズボンを履かないと寒いので、余っていたブランケットで簡単なスカートを作り、それを履かせていた。

3、4日はダダ漏らしだったけど、しばらくすると何も履いてないときは事前報告するときが出てきた。

パンツを履くと、事後報告に。

オムツだと報告なし。

外出時はトイレトレーニング用のパッドを当てて、できるだけトイレで用を足すようにする。

ウンチはいつも固めで回数も1日1回だけだったので、ある程度出るタイミングが予測でき、トイレでできることが多かった。

トイレに自分で座れるように、100円均一で売っているお風呂用の椅子を踏み台として使った。

2歳6ヶ月

この頃にはウンチはトイレでできるようになっていたし、おしっこもある程度事前報告できるようになっていたが、眠いときや遊びに夢中なときなどは漏らすことも多かった。

ある日風邪で高熱が出ておしっこの回数が増えたときから、身体がしんどくても遊びに夢中になっていても自分でトイレに行くようになった。

ここで一応トイレトレーニングは終了。

5歳の現在ではほとんど漏らすことはないけど、念のため外出時や寒いときはこまめにトイレ確認している。

また、夜中については、4歳頃にトイレに行けるようになっていたが、万が一を考えて4歳半くらいまではオムツをつけていた。

トイレトレーニング中のママに向けて一言お願いします

トイレトレーニングを始める時期や方法は、ママの都合で決めて良いかと思います。

長女のときは、トイレトレーニングも楽しみながらすることができたので、布オムツにしたり頻繁にトイレに誘うこともできました。

そのおかげで早くオムツ卒業できたようにも見えますが、一番のきっかけは、オムツを外してパンツのみや何も履かせずに過ごしたことだと思います。

その時期を早まって、コミュニケーションをとれない時期に外してしまうと漏らしっぱなしでママも疲れてしまうので、排泄したい感覚が分かって、それを伝えることができるくらい成長するのを待って待って、もういいだろう、そろそろやってみようをママが思ったところで1周間ほど外してみるというのが一番楽かもしれません。

ママがトイレトレーニングで疲れるのは、まだ子供がその時期ではない、ということです。

スポンサーリンク

女の子のトイレトレーニング体験談(HN:かのママさん)

子どもの性別は女の子

トイトレの期間

2歳2カ月くらいから2歳10カ月くらいまで

トイレトレーニングの経過、体験談をお聞かせください

起床して少ししたらトイレに座らせる。

保育園が休みの日は1時間~2時間に1回トイレに座らせる。

お風呂の前には必ずトイレ。

次女は【トイレですっきり】と言う絵本をキャラクターの名前の所を子どもの名前に置き換えよみか聞かせました。

その際に補助便座をクマのえが書いてあるものと、くまのぬいぐるみをトイレに置いて置きました。

そうしたら、子どもからトイレにクーピーに会いに行く!というようになり、トイレに座ることを嫌がらなくなりました。

長女はおしっこを成功したらシールと言うやり方をしました。

長女はトイレに座るのが怖かったらしく、おまるを使いました。

おまるを使用する際にはおまる用のビニール袋を使い、袋の中にクッキングペーパーを一枚多めに入れておきました。

そうする事によりおしっこしっかり吸収してくれましたので、漏れることなく処理出来ました。

トイレトレーニング中のママに向けて一言お願いします

トイトレは根気強くやることが大切です。また、一人一人合うやり方があると思うので色々試しながら続けていって欲しいです。

スポンサーリンク

女の子のトイレトレーニング体験談(HN:あつママさん)

子どもの性別は女の子

トイトレの期間

2歳~2歳1ヶ月

トイレトレーニングの経過、体験談をお聞かせください

歩ける様になった頃から「チッチね」と言葉掛けをしました。

意思疎通がはかれる様になってきた1才7ヶ月頃にいよいよスタート。

うさぎの可愛い補助便座を購入しました。

オムツをしていてもチッチと言うようになっていたので、すぐに取れてしまう様なイメージで始めました。

しかしながら、いざ始めてみると季節は真冬、洋服を脱がせるまでに時間がかかり、失敗した時の洗濯物の多さにストレスを感じるようになりました。

育児はノンストレスが大事。少し待って夏のスタートにしました。

その頃には言葉も更に増え、着脱も簡単な服装、1カ月かからない程度でトレーニングが終了しました。

夜は失敗もあったので3歳までオムツを履かせました。

心配な外出時はオムツにする時もありましたが、その事で戻ってしまう事はありませんでした。

赤ちゃんにも、ママにもストレスにならないペースで進める事が一番大事。1人で行ける様になった所で踏み台を用意しました。

赤ちゃんから幼児へ大きな一歩です。チッチと言える事だけでも前進です。

オムツに戻る事があっても、またスタート出来る時がきます。

最後に…色々なところを触ってしまうので、まめなお掃除を。

トイレトレーニング中のママに向けて一言お願いします

失敗が続いたり、出来ていたのに出来なくなったり、ママが疲れてしまう子も沢山あると思います。

お友達から取れたよ。なんて声を耳にして慌ててしまう事もあるかもしれません。焦らずゆっくりで大丈夫です。

幼稚園でお友達の様子を見てあっさり取れてしまったなんて事もある位です。

ページの先頭へ